Qumu Zoomインテグレーション(QUMU STREAM, RECORD AND MANAGE APP)ガイド

ZoomマーケットプレイスからQumuアプリをインストールする

  1. このプロセス中にQumu Cloudにアクセスするには、次の情報が必要になります。
    • Qumu Cloud ドメイン
    • Qumu Cloudのログインユーザー名
    • Qumu Cloudログインパスワード
    • このユースケースに利用するプレゼンテーション種類
    • Zoomイベントクリエーターのためのグループ
  1. Qumuをクリックして、Zoom App Marketplaceに移動し、[Sign in to install]をクリックします。marketplace_91b.JPG
  1. Zoom資格情報を使用してサインインし、[Install]をクリックします。

ZOOM_03.JPG

  1. アプリにZoomアカウントへのアクセスを認可します。

mceclip0.png

Qumuは次のスコープを使用します。

mceclip1.png

  1. Qumu Cloudドメイン(xxx.qumucloud.com)を入力し、[Login]をクリックします。 ユーザー名とパスワードの入力を求められます。

Zoom_06.JPG

  1. アプリがインストールされたこと知らせるメッセージはを2種類あり、そのうちの1つを受け取ります。
    1. ログインしたユーザーがZoom統合を構成する権限を持っている場合、次のメッセージが表示されます。

does_have_permission_acknowledgement.JPG

    1. リンクをクリックして、管理ポータルのZoomインテグレーション構成ページに進みます。
    2. ログインしたユーザーにZoom統合を構成する権限がない場合、次のメッセージが表示されます。

successfully_91.JPG

  1. これでアプリのインストールは完了です。 Zoomワークフローの構成に進みます

 

インストールトラブルシューティングガイド

  1. Zoomへのサインインに失敗した場合、SSOなどの別のサインインオプションを使用します。
  2. インストールページの[here]リンクをクリックして、アプリに必要な権限を確認してください。

ZOOM_07.JPG

  1. Qumuログインの失敗
    • Qumu Cloudドメインが正しく入力されていることを確認してください。
    • ユーザー構成については、Qumu Cloudセキュリティ管理者にお問い合わせください。

 

Qumu Cloud Zoomワークフローの設定

Zoomワークフロー構成へのアクセス

このプロセス中にQumuCloudにアクセスするには、次の情報が必要になります。

  • Qumu Cloud ドメイン
  • Qumu Cloudのログインユーザー名
  • Qumu Cloudログインパスワード
  • このユースケースに利用するプレゼンテーション種類
  • Zoomイベントクリエーターのためのグループ
ブラウザのアドレスバーにQumu Cloudドメインを入力します。

ユーザー名とパスワードを入力します。 ログインに成功すると、コンテンツポータルが表示されます。

[管理]をクリックして、コンテンツポータルから管理ポータルに移動します。

mceclip2.png

  1. 左側のナビゲーションで、[ワークフロー]ヘッダーの下にある[Zoomインテグレーション]をクリックします。 Zoomが動的ナビゲーションに含まれていない場合、必要な役割が割り当てられていません。 Qumu管理者に連絡するか、適切な役割が割り当てられたユーザーに構成をお願いしてください。

mceclip3.png

Zoomインテグレーション管理は、次の3つの部分で構成されています。

  • Compliance Workflow
  • User Workflow
  • Send emails on account creation

 

Compliance Workflowを有効にする

Compliance Workflowは、企業のコンプライアンス目的で有効にできます。 ライブイベントが記録され、監視に利用できます。

Compliance_91b.JPG

User – これは、すべてのコンプライアンス記録の所有権が割り当てられるユーザー名です。 ユーザーは、セキュリティ管理者によって事前に定義されている必要があります。

Presentation Type – コンプライアンスの記録を制御するプレゼンテーションタイプを選択します。 デフォルトのプレゼンテーションタイプであるクイック公開を使用できます。 プレゼンテーションタイプの詳細については、プレゼンテーションタイプのセクションを参照してください。

これらの設定を保存するには、[Save]をクリックします。

ワークフローボックスの右上隅にあるトグルをクリックして、コンプライアンスワークフローを有効にします。

 

User Workflowを有効にする

このワークフローを有効にすると、イベントを作成するユーザー(ミーティングのホスト)にプレゼンテーションの所有権が割り当てられます。

User_Workflow_91b.JPG

Group–アクセスを制御するためにユーザーとビデオに割り当てられるグループを入力します。 (グループの追加ステップを参照)。 すべてのミーティングホストがこのグループに割り当てられます。

Presentation Type - すべてのZoomストリームとアーカイブに使用されるプレゼンテーションたいぷ種類を選択します。 デフォルトのプレゼンテーション種類であるクイック公開を使用できます。

Media Option:

Live Stream & Archive– Qumuの配信システムを介してZoomミーティングをストリーミングし、Qumuリポジトリに記録を保存します。

Live Stream–Qumuの配信システムを介してZoomミーティングをストリーミングします。 録音はアーカイブされません。

Archive–Zoomミーティングを記録し、記録をQumuに保存します。

Creator's Discreision–ミーティングのホストは、Qumuプラットフォームを使用してミーティングをストリーミングおよび記録するかどうかを決定できます。 この決定は、Zoomチャットボットを介して行われます。

[Save]をクリックします

[Enable User Workflow]の右上にあるボタンで、このワークフローを有効にします。 有効にすると青色になります。

 

Send emails to provisioned users

このZoomアカウントに関連付けられているZoomユーザーは、Qumu Cloudでアカウントが自動的に作成されます。 このワークフローを有効にすると、これらのユーザーはシステムのメール通知を自動的に受信します。

右上にあるボタンを切り替えて、この機能を有効にします。 青は有効であることを示します。

Email_91b.JPG  

Qumu Cloud構成

Qumu Cloudにログインします

管理をクリックします

mceclip2.png

グループ追加

グループは、作成と表示へのアクセスを制御するために、ユーザーとプレゼンテーション種類の両方に割り当てられた役割のグループです。 既存のグループを使用するか、このユースケース専用のグループを作成するかを選択できます。

グループに関する詳細情報を含むビデオは次のとおりです:https://learn.qumucloud.com/view/groups

新しいグループの追加

  • 左側のナビゲーションから[グループ]を選択します。

mceclip4.png

  • [作成]をクリックします。
  • グループの一意の名前を入力します。 説明はオプションです。

mceclip5.png

  • [コンテンツの作成]および[コンテンツの視聴]の役割を選択します。

mceclip7.png

  • グループ作成プロセスを完了するために[作成]をクリックします。
  • このグループを、Zoomワークフロー用に構成されるプレゼンテーションタイプに追加します。

プレゼンテーション種類の追加

プレゼンテーション種類は、作成ワークフローを制御します。 既存のプレゼンテーション種類(クイック公開、等)を使用することも、このユースケースのための固有のプレゼンテーション種類を作成することもできます。

プレゼンテーション種類の詳細については、このビデオをご覧ください。

https://learn.qumucloud.com/view/presentation-type

このプレゼンテーション種類は、Zoomインテグレーション構成で設定したグループを必ず含めてください。

 

ユーザー – Zoomミーティングを作成

ユーザーアクションは、Compliance WorkflowとUser Workflowの両方で同じです。

 

使用の前提条件:

  • ユーザーはZoom Proアカウントを持っている必要があります。
  • ZoomユーザーがUser Workflowを利用するには、Zoomアカウントで「カスタムライブストリーミングサービス」を有効にする必要があります。
  • ZoomユーザーがCompliance Workflowを利用するには、Zoomアカウントで「クラウド記録」と「クラウドでの自動記録」を有効にする必要があります
  • Qumuアプリをインストールし、Qumu Cloud構成を完了する必要があります。
  1. Zoom Proアカウントにログインします。
  2. ミーティングをスケジュールする(または、[新規ミーティング]オプションを使用してミーティングを開始することもできます)プレゼンテーションはQumuで自動的に作成されます。

mceclip8.png

ミーティングがスケジュールされている場合は、ミーティングの前にリンクを取得して視聴者にメールで送信するか、プレゼンテーションをWebページに埋め込むことができます。 ([新規ミーティング]オプションを選択した場合は、[共有可能なリンクを取得する]にスキップしてください)

 

Qumu共有リンクの取得

このオプションは、ミーティングが事前にスケジュールされている場合、User Workflowで使用できます。

  1. Qumuにアクセスするために必要な情報
    • Qumu Cloud ドメイン
    • Qumu Cloudのログインユーザー名
    • Qumu Cloudログインパスワード
  2. Qumu Cloud ドメインをコピーしてブラウザに貼り付けます
  3. ユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします

mceclip9.png

  1. イベントのプレゼンテーションを見つけます。 検索ボックスを使用して、イベントのタイトルを検索できます。 右端の▼ボタンをクリックします。

mceclip11.png

  1. [リンクの表示]を選択します

mceclip12.png 

  1. プレーヤーのリンクをコピーして、この情報を視聴者に伝えます。

mceclip14.png

ウェブページ経由のアクセスを提供

ミーティングをWebページに埋め込むこともできます。 たとえば、Qumu視聴者ポータル機能を使用して、写真のようなWebサイトを作成できます。 他のビデオ、HTML、およびマークアップコンポーネントを組み込むことができます。

ZOOM_22.JPG

 

Zoomミーティングの開始

  1. 以前にスケジュールされたミーティングを開始するか、Zoomで新しいミーティングを開始します。
  2. ユーザーワークフローの記録オプションが「Creator's discrition」に設定されている場合、Zoomアプリを開いて[チャット]を選択します。

mceclip16.png

ミーティングのホストは、このミーティングのオプションを選択できます。

Archive Only –ミーティングの録画です。ライブストリームではありません。

Live Stream Only録画なしのライブストリームです。

Live Stream Archive –ミーティングのライブストリームと録画の両方です。

mceclip10.png

その後、ミーティングウィンドウに戻ります。

 

Zoom共有リンクの取得

  1. ドロップダウンリンクをクリックします。

mceclip17.png

  1. 「ストリーミングリンクをコピーする」をクリックします。

mceclip19.png

  1. リンクをメールで視聴者と共有します。

注:「ライブストリームを止める」は、Qumu Cloudでのストリーミングと録画を停止し、「Custom Live Streaming Serviceにおいてストリームを観る」は、視聴者が見ているもののプレビューを提供します。

 

ライブイベント管理

プレゼンターは、Zoomツールを使用してZoomミーティングを実施し、コンテンツの共有、プレゼンターの管理、仮想背景の利用などを行います。パッシブな参加者は、Qumu CloudおよびQumuの配信機能を介して視聴します。

Zoomでイベントが完了すると、録画は自動的にビデオオンデマンド(VOD)としてQumu Cloudに公開されます。 録画は、ライブイベントが表示されたのと同じURLアドレスで表示できます。 (リンクを共有するには、「Qumu共有リンクの取得」セクションを参照してください。)

QUMU STREAM, RECORD AND MANAGEアンインストール

  1. Zoomアカウントにログインし、Zoom App Marketplaceに移動します。
  2. [Manage]> [Installed Apps]をクリックするか、Qumuアプリを検索します。
  3. Qumuアプリをクリックします。
  4. [Uninstall]をクリックします。

トラブルシューティング

視聴者が話者の映像を見ることができません。

  • プレゼンターは、Zoom Meetingでビデオが有効になっていることを確認する必要があります。
  • プレゼンターはビデオメニューを開き、選択したWebカメラを確認する必要があります。

視聴者が音声を聞くことができません。

  • 話者は、Zoomミーティングでマイクがミュートされていないことを確認する必要があります。
  • 話者がヘッドセットなどの外部マイクを使用している場合は、それもミュートされていないことを確認してください。
  • 話者は、Zoomミーティングでマイクメニューを開き、選択したマイクを確認する必要があります。

視聴者に共有画面、または話者が説明している内容が表示されません。

  • 話者は、共有をしていることを確認する必要があります
  • [新しい共有]リンクをクリックして、正しいアプリまたはデスクトップを共有していることを確認します。 正しいアプリまたはデスクトップを選択し、[共有]を選択します。

イベントが予期せず終了しました。

  • ZoomホストがZoomで[ライブストリームを停止]または[すべてのミーティングを終了]を選択したことが考えられます。 これらの機能のいずれかがストリーミングと録画を停止し、自動トランスコーディングワークフローを開始します。

Qumu Cloudのログイン情報が記載されたメールが届きませんでした。

  • Qumu Cloudの新規ユーザーには、「パスワードのリセット」メールが送信されます。 Qumu Cloudのセキュリティ管理者は、ユーザーアカウントが「作成され、パスワードを待っている」かどうかを確認できます。
  • Zoom統合を介して作成されたユーザーは、Zoomアカウントと同じメールアドレスを使用します。
  • QumuCloudからのすべての電子メールに対するスパムフォルダまたは自動削除ルールを確認してください。
  • コンテンツ管理者は、Zoom構成で「アカウント作成時にメールを送信する」ワークフローが有効になっていることを確認する必要があります。

Qumu Cloudでイベントが見つかりません

いくつかの可能性のある原因:

      1. Zoomイベントを作成したのと同じユーザーアカウントでQumu Cloudにログインしていることを確認してください。
      2. 検索機能を使用して、イベントを検索します。詳細検索を使用すると、タイトル、発行者/作成者、作成日などの複数のフィールドで検索ができます。
      3. 左側の「保存されたプレイリスト」のフォルダにある[マイプレゼンテーション(ドラフト)]を確認します。
      4. プレゼンテーションにアクセスする権限がない可能性があります。管理者に連絡してください。
      5. Zoom User Worflowが有効になっていない可能性があります。

埋め込まれたイベントがWebページに表示されません。

ウィジェットに「No Item」というメッセージが表示される場合:

ほとんどの場合、ウィジェットボットユーザーはプレゼンテーションにアクセスできません。 Qumu Cloud セキュリティ管理者は、対応するグループをWidget Botユーザーに追加する必要があります。

一部のアイテムが表示されますが、期待されるすべてのアイテムではない場合:

プレゼンテーションは、ウィジェットの作成に使用されたクエリと一致しない場合があります。 Qumu Cloudコンテンツポータルでクエリルールを確認してください。

欠落しているプレゼンテーションには、表示できない制限がある場合があります。 IPまたはグループの制限により、この動作が発生します。

Qumu Cloud 視聴者ポータルに表示されないアイテム:

視聴者がログインしていない場合は、ログインしてください。 不足しているアイテムが表示された場合、プレゼンテーションにログインが必要な制限があるか、ビューアポータルサイトにログインが必要な可能性があります。

 

FAQ

イベントの視聴者とどのようなリンクを共有しますか?

  1. Zoomでミーティングがスケジュールされたら、事前に視聴者とリンクを共有できます。 リンクをコピーするには、「Qumuリンクの取得」セクションの手順に従います。
  2. イベントが開始されたら、ZoomミーティングUIからリンクをコピーします。 手順は、「Zoomリンクの取得」セクションにあります。
  3. プレゼンテーションを任意のWebページに埋め込むこともできます。

Qumuアプリにはどのような権限が必要ですか?

Qumuは以下のスコープを利用しています。

mceclip1.png

Zoomの仮想背景機能を使用できますか?

はい、実際、仮想背景は、イベントをブランディングし、複数の話者の一貫性を提供するための優れた方法です。

 

Qumu/Zoom統合の主な機能は何ですか?

Zoomが提供するすべての優れた機能に加えて、次の機能を利用できます。

  • 配信 - Qumuのインテリジェントな配信により、ビデオ品質を損なうことなく、内部ネットワークに悪影響を与えることなく、内部と外部の両方で10万人の視聴者にリーチすることができます。
  • イベント管理– マーケティング、話者、およびエグゼクティブは、Qumuのイベント管理機能を高く評価します。
  • ビデオ管理 – バックエンドのエンタープライズビデオコンテンツ管理は、重要な機能を提供します。
  • ユーザー経験– Qumuは、成功するユーザーエクスペリエンスがあらゆるコミュニケーションイニシアチブに不可欠であることを認識しています。

Qumu Cloudの主要なイベント管理機能は何ですか?

主なイベント管理機能は次のとおりです。

  • レポートとアナリティクス で価値のあるユーザーエクスペリエンスデータを提供します。 このデータは、グラフ、リスト、または地理的な形式で表示でき、最も重要な情報に焦点を合わせるために多数のフィルターを使用できます。
  • 登録機能により、 マーケティングでライブ視聴者とVOD視聴者の両方の詳細を取得できます。
  • マーケティングキャンペーンの追跡は簡単に適用でき、レポートと分析で利用できます
  • 企業の法的要件とコンプライアンス要件は免責事項機能を介して満たされますが、イベントまたは企業のブランディングはプレロールとポストロールを使用して適用できます。
  • 自動化されたワークフローで、完了したライブイベントは自動的にトランスコードされ、VODプレゼンテーションとして公開されます。 VODのURLはライブURLと一致しているため、視聴者は録画を簡単に見つけることができます。
  • 永続的なURLのプレゼンテーションは、ポータルの埋め込みウィジェットに自動的に含まれます。

Qumu Cloudの主なビデオ管理機能は何ですか?

 

ビデオ管理機能は次のとおりです。
  • コンテンツにアクセスできるユーザーと、コンテンツを操作する方法を制御するセキュリティ
  • 標準フォーマットへの自動トランスコーディングにより、ブラウザベースのデバイスでの再生が容易になります。
  • 字幕機能
  • 動画にタグを付けて整理するためのメタデータと、スピーチサーチを含む検索インデックス
  • ビデオをワークフローの一部にする関連ドキュメントやリンクに簡単にアクセスできるようにすることで、ビデオの価値が高まります。
  • コンプライアンス追跡ワークフローは簡単に自動化されます。

Qumu Cloudの主なユーザーエクスペリエンス機能は何ですか?

ユーザーエクスペリエンス機能は次のとおりです。

  • Zoomミーティングへのアクセスには、任意のブラウザベースのデバイスを使用できます。
  • ビデオは任意のWebページに埋め込むことができ、ユーザーエクスペリエンスを作成する機会を提供します。 たとえば、ビデオに加えて、イベントページには、議題、講演者の経歴、ソーシャルメディア、リソースリンクなどが含まれる場合があります。
  • 多機能のプレーヤーは、グローバルなアクセシビリティ要件とガイドラインに準拠しています。
  • 多言語の字幕は、世界中の視聴者にリーチするのに役立ちます。
  • ライブQ&Aや投票などの機能は、ユーザーをイベントに参加させ、ユーザーエクスペリエンスの成功を促進するのに役立ちます。

 

CONTACT SUPPORT

https://qumu.com/en/customer-and-technical-support/

更新: